サロン脱毛と医療脱毛はどう違う?@痛くないオススメの脱毛方法

毎日のムダ毛処理、めんどくさいですよね。
肌が弱い人には肌荒れの原因にもなってしまうムダ毛の自己処理。

いつもつるつるにしておきたいし脱毛しようかな?
でもサロンと医療脱毛どっちを選んでいいかわからない…なんて方も多いのではないでしょうか。

今回はサロン脱毛と医療脱毛の違いと、おすすめの脱毛方法について紹介していきます。

 

サロン脱毛と医療脱毛はどう違うの?

サロン脱毛と医療脱毛の大きな違いは2つ。

・施術方法の違い
・脱毛完了までの回数の違い

一言でいわれても、よくわからないですよね…。
ということで、ひとつずつ詳しく説明していきます(^^)/

 

▽ 施術方法の違い

この施術の方法の違いはしっかり知っている方も多いのではないでしょうか。

サロン脱毛は一般的に《 光脱毛 》といわれています。
この方法は弱い光を毛根の黒い色素に当てて、毛根を傷つけるというもの。
何回も光を当てて毛根を傷つけることで毛を生えにくくさせます。
光を当てるので、脱毛するときにほんのり熱くなりますが、あまり痛みを感じない脱毛方法です。

自宅でできる脱毛器も、だいたいこの光脱毛の仕組みですね。

 

医療脱毛は主に《 ニードル脱毛 》と《 レーザー脱毛 》の2種類があります。

レーザー脱毛は、最近の一般的な医療脱毛。
仕組みはサロン脱毛とほとんど変わりませんが、サロン脱毛に比べると当てる光の強さが違います。
弱い光で毛根を弱らせる光脱毛と違って、レーザー脱毛は強い光で毛根を破壊して毛を生えなくさせる仕組み。
ニードル脱毛より痛みはありませんが、光脱毛よりは少し痛みを感じる脱毛方法です。

ニードル脱毛は、ニードル=針を使った脱毛方法です。
毛穴のひとつひとつに針を刺して、針から毛根に電気でダメージを与えます。
電気の熱で毛根は傷つき毛を生えなくさせる仕組み。
針を刺すのでなかなかの激痛ですが、1回すればその毛根からは毛が生えない確実な永久脱毛ができる方法です。

 

どの方法も「毛根に熱でダメージを与えて毛を生えなく(生えにくく)させる」のは一緒。
違うのは毛根に与えるダメージの大きさと、脱毛の時に感じる痛みです。

毛根へのダメージが大きくなる程脱毛の効果もアップ!
でもその分自分への痛みのダメージも大きくなります…。

 

▽ 脱毛完了までの回数の違い

施術の方法が違うというのがわかると、なんとなく気づいている方も多いでしょう。
施術の方法の違いで、脱毛が完了するまでの回数にも違いが出てきます。

光脱毛は弱い光なので、毛根に与えられるダメージも弱め…
何回も何回も施術を受ける必要があります。
なので脱毛が完了するまでにかかる回数は、大体18回といわれています。

レーザー脱毛の毛根に与えられるダメージは、光脱毛より多め。
だから脱毛完了までにかかる回数も少なく、光脱毛の約3分の1の6回ほどでつるつるになります。

ニードル脱毛は、一つずつ毛根を壊していくので効果は抜群!
ひとつの毛根につき1回の施術で、毛は生えなくなるといわれています。
でも脇でも足でも毛根はたくさんありますよね…。
ニードル脱毛1回の施術でできる範囲が狭いので、脱毛したい部分の範囲の大きさ・毛根の量によって脱毛完了までの通う回数が変わってきます。

 

サロン脱毛・医療脱毛のメリット・デメリット

脱毛の方法によって、いいところ(メリット)と悪いところ(デメリット)は違います。
脱毛を契約しちゃったけど思っていたのと違う!とならないためにも、しっかりメリット・デメリットを知っておきましょう(^^)/

 

▽ サロン脱毛のメリット・デメリット

サロン脱毛のメリットは、
・1回の施術の料金が安い
・肌の痛み、ダメージが少ない
・ムダ毛の毛質が変わること  です。

電車で格安脱毛キャンペーン!なんて広告を見かけるように、サロン脱毛は1回の施術料金がとっても安いです。
100円キャンペーンなどもあるので、学生さんでも脱毛を始めやすいですよね。

そして痛みも少ないので、肌が弱い人・痛いのが苦手な人にもおすすめできます。

何回も何回も光を当てて脱毛していくので、ムダ毛の手触りが変わるのもメリットのひとつ。
だんだんと毛が柔らかく薄くなっていきます。
毛が濃いのは嫌だけど完全につるつるにするのは抵抗がある…なんてときに◎

デメリットは、
・脱毛完了までには結構な時間・金額がかかること
・永久脱毛じゃないこと  です。

サロン脱毛は何回も施術を受けないといけません。
なので1回の施術が安くても「脱毛が完了するまで」だと、医療脱毛と変わらない値段かそれ以上にお金がかかってしまうことも…。

サロン脱毛が完了するといわれている平均の回数は18回。
どのサロンでも通えるのは2か月に1回です。なので、こまめに通っても脱毛完了まで最短でも3年はかかるという計算になります。
3年って短いようで、結構長いですよね。

それに医療脱毛と違い永久脱毛ではないので、完了した!と思ってもまたひょっこり毛が生えてきてしまうこともあります。

 

▽ 医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛のメリットは、
・脱毛が短期間で完了する
・永久脱毛できる
・肌トラブルもしっかり診察してもらえること です。

レーザー脱毛もニードル脱毛も、毛根を壊してしまうので短期間で脱毛が完了します。
何度も何度もクリニックに通わなくていい!というのがうれしいですね。
永久脱毛なので、サロン脱毛と違って完了した後に毛が生えてしまう…ということがありません。

クリニックは医療機関なので、お医者さんがいます。
万が一肌トラブルがおきてしまったときには、しっかり医師の診察が受けられて安心です。

デメリットは、
・1回の施術料金が高い
・痛みがあること  です。

脱毛効果は高いのですが、1回の施術料金はちょっとお高め…。
サロンのキャンペーンに比べると何倍もの値段になってしまいます。
脱毛完了までと考えるとそこまで値段に差は出ませんが、学生さんには手が出しにくいですよね。

何より痛みがあるのが大きいデメリット。
レーザー脱毛は痛みが少ない機械もありますが、ニードル脱毛の痛みはなかなかです。
痛みに弱い人のために麻酔を使うところもあるので、痛いのが苦手な人はちょっと覚悟が必要な脱毛になります。

 

新しい脱毛の選択肢【SHR脱毛】

痛いのは苦手だけど、何年も脱毛に通うのはちょっと…なんて人に朗報です(^^)/

最近新しく出てきた《 SHR脱毛 》って知っていますか?
実はこの脱毛方法が、痛くなくて脱毛が早く完了する脱毛です。

SHR脱毛はサロン脱毛のひとつですが、仕組みはちょっと違っています。
サロンの光脱毛は毛根の黒い色素に反応するものですが、SHR脱毛は「毛包(もうほう)」という毛を作る細胞にダメージを与える脱毛方法
なので、脱毛に重要な毛周期に関係なく施術を受けられます。

サロン脱毛の1つなので脱毛完了までにかかる回数は18回ほどですが、毛周期に関係なく通えるので最短6か月で脱毛完了も夢じゃありません…!

何より黒い色素に反応する脱毛じゃないので、日焼けしていても毛の色素が薄い人でも受けられる!というのがこの方式の魅力。もともと地黒…夏で日焼けしちゃった…なんて人も今すぐ始められます。

また、無痛脱毛といわれるくらい痛みのない脱毛方法だがら、痛みに弱い人・敏感肌の人でも安心して受けられる脱毛です。

>> SHR脱毛が受けられるサロンははここ♡